上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月9日から首都圏の鉄道に女性専用車両が導入されました。
いろいろなサイトで話が交わされています。
一方的に上がっているのが、

男女の逆差別

等の声が上がっております。
また小田急電鉄では、

専用車以外の車両が混雑して迷惑

という声も上がっております。
私は通勤通学に電車を使っていないのでわかりませんが、16日月曜日が学校が休みなので小田急線の新百合ヶ丘にどのような状況になっているのか確認してきたいと思います。
またあるプログを見ていたら、小田急で、

積み残し(列車に乗車できない人)

があったとかいう記事も見かけました。
また、一両の混雑率(乗車率)が

250%くらい

というのが書いてあったところもありました。
実際にそうだかわかりませんが、でも200%は超えているみたいですね。
ここで確認しておきたいのが、「小田急複々線事業について」という冊子にかいてあったこと↓

複々線化による抜本的な輸送サービス改善
 小田急では、こうした現状を抜本的に改善し・・(省略)・・この複々線化が完成すると、朝のラッシュピーク時間帯に列車の増発が可能となり、新聞や雑誌を楽に読みながら通勤できる程度にまで混雑が緩和されます。

ってかいてあって、複々線が全部完成したときの混雑率が160%と書いてあるんですが、到底無理ですよね~まぁ小田急に苦情がきてるのは当然でしょうかね~(確証はないですが)

注意:これはあくまでも管理人の終日禁煙が思ったことです。関係機関にお問い合わせないようにご注意ください。また、この記事について意見等があるかたはコメントをお願いいたします。

お知らせ:本日アクセスカウンターが5000を超えたことを確認いたしました。ご協力ありがとうございました。またこれからも小田急日替わり写真館をよろしくお願いいたします。なお明日は記事はお休みさせていただきます。


人気blogランキング←一日一回のクリックにご協力ください
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。