上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 本日の午後7時20分ごろ、JR羽越線余目~酒田間で秋田発新潟行き特急「いなほ14号」(6両編成)が脱線、転覆した模様。負傷者が多数出ている模様。JRによると、同列車は雪のため1時間程度、遅れていたという。


情報が入り次第、どんどんUPしていきたいと思います。




お知らせ:え~と写真コンテストの応募数まだまだ少ないです^^;;どうか皆様ご協力ください!!どうかお願いしますm(_ _)m

重要右のコメント欄の「夜景の中の3000系」のコメントのURLにはクリックしないでください。見つけ次第削除、コメント禁止にしているのですが、対処できていない状態となっています。皆様ご協力をお願いいたしますm(_ _)m




2005年写真コンテスト応募フォームへ


写真コンテストについての詳細
力作お待ちしておりますm(_ _)m










WEB RANKING←一日一回のクリックにご協力ください
人気blogランキング←一日一回のクリックにご協力ください




スポンサーサイト


コメント

  1. たっくん | ccQvRDco

    12月16日の新宿発ムーンライトえちごに乗車し、弘前で個人的な用事を済ませ、青森から
    東日本フェリーに乗り、北海道札幌へ向かいました。弘前に向かう最中、乗り換え時間が
    大変長くあった為、私は駅の写真を撮ったり、朝ごはんをのんびり食べていたら、所定の列車に
    乗り遅れ、弘前到着が大幅に遅れてしまいました。そんな道中、
    待合室でNHKの朝のニュースが始まりました。天気予報で「これから新潟地方と、東北の日本海側では発達した低気圧が近づき、風、雪共に激しくなり大荒れとなるでしょう」と放送していました。その後列車に乗車、酒田駅に着くと物凄い吹雪。秋田に向かう途中では、雷を伴う激しい雪が降り、列車の床付近では何回も雪の塊を跳ねる音がし、強風で車体は走行中でも風の影響を受け、揺れを感じました。乗っていて非常に恐かったです。時速は100km/hはでていました。
    そんな気象状況は、ずっと続き、返って北海道の方が天気が良かった位です。
    21日の夜新潟からの上りムーンライトえちごで東京に帰る予定でした。
    しかし、東北、日本海側では大雪が続き、列車は大幅な遅れを持って運転との事。
    14時56分弘前発普通列車は弘前→大館間で大雪の為弘前駅で暫く抑止します。とのアナウンス。運転士にこの先の列車接続を聴いた所、99%不可能との回答。
    結局ホテルを取り弘前に1泊。翌日22日、弘前は朝激しい雪だが午後から晴。列車運転再開を期待して弘前駅へ。改札で尋ねると昨日の夜青森を出た寝台特急あけぼのがまだ秋田県内にいて上野に着いていない状況だという。奥羽本線回りはこの先無理と判断。東北本線回りで帰京を検討。しぶしぶもう1泊。
    翌日23日、朝5時30分、列車運転再開を期待し弘前駅へ。ところが事態は昨日より悪化。今度は下り線で先行列車が途中雪を抱き込み列車が動けなくなった。列車は途中までは定時で運転するが、順次抑止がかかるとのこと。大館、秋田方面は相変わらず400分以上の遅れ。早起きして駅に向かったが弘前でこの時点で孤立した。弘前で無線の情報や、メディアからの情報を頼りに翌日の出発を予め諦め、天候が穏やかになる25日と決定。
    25日に青森、東北本線経由で無事帰宅した。
    約10日間日本海側にいたが今までに経験したことが無い位の突風に吹雪。雷や雹。列車がよく時速100km/hの速度を保って走っていたものだ。いくら東北雪国の列車で雪に強いとはいえ、安全は完全に二の次になり、依然起きたJR西日本の脱線事故の時の教訓がまるで生かされていないきがした。乗客からも今日の汽車は何か恐ろしいなとの声もあり、地元の高校生も風で列車が揺れる度キャーキャー騒ぐくらいです。
    駅改札では人があふれ、駅員に列車はこんな状況じゃいつ来るかもわからんし、あぶねんだから運休にし、バスで代行輸送する方向で考えてくれとの声も多数ありました。
    これはあくまでも弘前駅や途中羽越、奥羽本線車内だけの話しですが、雪や吹雪に慣れているはずの東北の人達も声を上げるほどの天候でした。明らかに通常ではなかった。
    私自身も北海道の出身だが雪国の人間でも危険を感じる天候なのに何故列車を運休にしなかったのか。疑問が残る。運転士は減速したりの措置を取ったとのことだが、雪に強い列車も突風にはかなわない。
    天気予報では突風にも注意と促していた。いつ突風が吹くかの予測は出来なくても、情報を生かし
    天候が回復するまで待機するなどの判断を何故下さなかったのか。
    死者、怪我人、が出て大事になるのは予測がつくはず。
    もっと安全を第一に考えた運転をJRには考えて欲しい。人為的とは私は言わないが、判断が遅く、現場走行列車の運転士や車掌の声、お客の声をもっと反映していれば防げた事故だと思う。
    また、仮に転覆事故になっても、走行中と停車中では死傷者の数も違うはず。
    あの時間帯にもし羽越線回りで帰っていたら各駅停車でも転覆していたかもしれない。
    私が何も知らず穏やかな太平洋側を各駅停車で走行中、山の反対側では、列車転覆事故が起きていたなんて。私が犠牲になっていたかもしれない。ぞっとします。
    亡くなった方に対しご冥福をお祈りし、また負傷者の方々には1日も早い回復を心よりお祈り申し上げます。
    長々と失礼いたしました。

    ( 13:40 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。